ブラッドボーン攻略wiki/Bloodborne攻略

ブラッドボーン攻略トップページ > キャラクター紹介
狩人ガスコイン
灰の舞う墓所に1人立つ、血塗れの狩人。
歴戦のベテランのようだが、詳細は不明。
烏羽の狩人
独特の歪な双刀を用いる狩人。
烏羽のマントをまとい、医療者のマスクを着けた、異様な使い手。
とりあえずは味方のようだが…
古狩人デュラ
ヤーナムには、かつて獣の病が蔓延り、故に焼かれ棄てられた区画がある。
谷合深いその場所は、いまや旧市街と呼ばれ、通う人のない廃墟であるが、その場所に、ある古狩人の噂がある。
かつて旧市街に消えた彼は、二度と戻らず、だが生きているというその噂は、
高い技量、また枯れた生き様が、強い印象を残した故のものだろうか。
聖職者の獣
病により獣となった者の中でも、ひときわ大きな獣。
名状しがたい異形の角をもち、悲鳴のような叫び声をあげる。
その体は痩せさらばえ、あばらが浮かび、肉などは細くこびりついている程度だが、しかし恐ろしい膂力を誇る。
ヤーナムには、聖職者こそがもっとも恐ろしい獣になる、という古い噂がある。
故にこの痩せた異形の獣も、聖職者の獣と呼ばれているが、彼が実際何者であったのか、まだ分からない。
血に渇いた獣
血に塗れた異形の獣。 背中から全身の皮が大きくベロリと剥がれ、故に血に塗れ、また血に渇いている。
なぜそのような姿になったのか、まだ分からないが、素早く激しい動きが不規則で読み難い、危険な獣である。
ヘムウィックの魔女
ヤーナムのはずれ、陰気で歪んだ墓守女たちの街、ヘムウィック。
その奥には、古く大きな館があり、1人の狂った老婆が住んでいる。
老婆は、夜な夜な怪しげな儀式に耽り、そのために、なぜか目玉ばかりを集めているという。
身寄りのない死体が集まり、処理される墓場の街は、そのための格好の場所なのだろうが、
あるいは、だからこそ魔女は、生き身の目玉に執着するようだ。
獣狩りの群衆
病の蔓延により、獣狩りに蜂起した群衆のなれの果て。
熱病のような狩りの衝動はそのままに、既に自身が獣の病に侵されている。
だが彼らはそれを知らず、狩り、殺すべき獲物を探し続ける。
彼らの濁り蕩けた瞳には、人こそが獣に映るのだろう。
車椅子の群衆
蜂起した獣狩りの群衆の中には、ちらほらと車椅子の老人が混ざっている。
老人、特に豊かな老人が車椅子に乗るのは、ヤーナムでは日常の風景であり、古い惨劇の記憶から、護身の銃器を手放さない者も多い。
よく動けぬ彼らにとって、それだけが獣から身を護る寄る辺であり、また振るい得る唯一の暴力なのだ。
屍肉カラス
腐肉食のカラスの中でも、特に人の屍肉を好むものたち。
死体の豊富なヤーナムでは、当然のように醜く肥え太り、既に飛ぶことすらままならないが、
攻撃性は高く、血の香りに敏感で、うかつに近付けば生きた人間にも襲いかかる。
今生きているとして、死して屍肉となるのだから。
医療教会の大男
ヤーナムの血の医療を統括する医療教会が、獣狩りに用いるという大男の奴僕。
半ば恐ろしい伝承の中の存在であり、その表情はごく虚ろで、巨体は異様に痩せ、
肌は青白く、絶叫とともに銀製の巨大な武器を振るうという。
首から提げたベルは、大男の凄惨な狩りを知らせるものであり、
仮にもその音が聞こえたならば、ヤーナムの民は固く扉を閉ざし、決して外には出ないだろう。
鐘を鳴らす女
ヤーナムの不吉な噂の1つ。振り鐘を鳴らす黒衣の狂女。
その鐘の音は、あらゆるよからぬものを呼ぶという。
守り人の祭祀者
墓所であれ寝床であれ、そこに何者かが眠ることに変わりはない。
守り人たちは、それを祀る者でもあり、彼の中には特別な祭祀者がいる。
その姿も、礼儀も知らぬモンスターのには酷くおぞましく見えるかもしれないがそれは偏見というものだろう。
Bloodborne 初回限定版 Amazon.co.jp限定特典付
PlayStation4 グレイシャー・ホワイト 500GB
DUALSHOCK 4 充電スタンド

ブラッドボーン攻略トップページ